• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

インタビュー&トーク

ほとんどの人は300時間でプログラミングを習得できる、カギは「質問できる人が近くにいるか」

div代表取締役/TECH::CAMP代表 真子 就有氏

大森 敏行=日経NETWORK 2016/04/01 ITpro
[画像のクリックで拡大表示]

 TECH::CAMPは、「未経験者が1カ月でサービスを作れるようになること」を目指す短期集中型のプログラミング教育サービスだ。RubyのWebアプリケーションフレームワーク「Ruby on Rails」(以下Rails)のコースが中心で、iOSアプリ開発のコースもある。TECH::CAMPを運営するdivの代表取締役である真子就有氏に、サービス開始の経緯などを聞いた。

(聞き手は大森 敏行=日経NETWORK


今はプログラミングを教える立場だが、自身がプログラミングを始めたのはいつか。

 プログラミングを始めたのは大学3年生のとき。ただ、サービスを作れる実力がつくまでに1年半くらいかかってしまった。最初は1人でやっていたので、ちょっと何かするたびにエラーが出てきて困った。これでは無理だと思って長期インターンシップに参加したが、現場のエンジニアは忙しく、なかなか質問できる雰囲気ではなかった。

それでプログラミング教育で起業したのか。

 いや。会社設立当初は違う事業を手掛けていた。divを設立したのは2012年3月。設立から2年半は、SNSやアプリ、コミュニティサービスといった、今とは別のことをしていた。これらは数万ユーザーまでは行くが、お金を稼げない。仕方なく開発受託で食いつないだ。社員とインターンを合わせて一時は10人以上いたが、2014年秋ごろには私とインターンの2人だけになってしまった。

 以前の当社のようにサービスを作っていたベンチャーは多かったが、うまくいったところは少ない。FacebookやLINEの事例は奇跡のようなものだ。確率を考えるとなかなか厳しい。

プログラミング教育サービスを始めたのはいつか。

 2014年11月だ。それまでのサービスがうまくいかなかったので、「ユーザーから直接お金を払ってもらうサービスをやりたい」と考えた。これから伸びる分野で自分が得意なことは何だろうと考え、「プログラミング教育」に思い至った。Railsを選んだのは、クックパッドやGitHubといった多くのベンチャーで使われているからだ。Rubyには勢いがある。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る