TOPアプリ/OS > セルフサービスBIの5つの落とし穴(中)

アプリ/OS

セルフサービスBIの5つの落とし穴(中)

2017/11/15

Thor Olavsrud CIO

 数多くのメリットがあるセルフサービスBIだが、思わぬ落とし穴にはまり込んで対応を余儀なくされる場合もあるという。ここでは、セルフサービスBI戦略に伴って生じる副作用を5つ紹介する。

前回から続く)

2.業務ユーザーがデータエンジニア役を担う

 セルフサービスBIやデータマートを導入することで、業務部門が即座に成果を得られる場合もある。だが、データマートの規模が大きくなり、データが変わると、業務ユーザーが管理にあたる時間が増加する。ついには、データがあまりに大きくなった結果、かつてはIT部門を回避する方法を模索していた業務ユーザーが、そのIT部門に助けを求めざるを得なくなって、混乱の後始末を丸投げする場合がある。

 Mariani氏は次のように言う。「結局のところ、業務ユーザーに向かって、データエンジニアになれと言っていることになる。それでは効率性に欠ける。決して、目的を達成するための最善の方法ではない。業務部門は、新たな視覚化やダッシュボードの立ち上げで、早い段階で成功を手にするかもしれない。しかしデータが変わると、以前はIT部門が果たしてきた役割を自分でこなさなければならない。だが、業務部門にはそれができない。そこで、IT部門に助けを求めて一任しようとする。IT部門からすると、業務部門からすべてを任されることへの準備がなかったり、あるいはそのことに納得できなかったりする」

 企業によっては、この問題に対処するために、業務部門のユーザーをIT部門に送り込んだり、個別の業務部門にIT担当者を配置したりといった策を取っているところもある。こうした社員は、業務部門とIT部門の仲介役となる。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ