TOPアプリ/OS > ERPシステムの選定と導入でありがちな11の誤り(下)

アプリ/OS

ERPシステムの選定と導入でありがちな11の誤り(下)

2017/10/27

Jennifer Lonoff Schiff CIO

 今回の記事では、ERPシステムの選定・展開・実装の際に犯しやすい11の大きな過ちを紹介する。ERPに関するこうしたミスは高くつく可能性があるので、どうすれば防げるかを押さえておこう。

前回から続く)

8:変更管理を無視する

 ERPを専門とする米コンサルティング会社Ultra Consultantsの創業者でCEOのJeff Carr氏は次のように言う。「新しいERPソリューションを実装する時には、変更管理が絶対に必要だ。変更を効果的に管理できるかどうかは、経営幹部、マネージャー、社員が精通すべき最も重要なスキルと言ってよいだろう。ERPでビジネストランスフォーメーションを実現するためには、人、プロセス、テクノロジーという3つの重要な領域にわたって、変更を効果的に管理する必要がある」

 また、インドTata Consultancy Servicesでエンタープライズ・アプリケーション・サービスを統括するAkhilesh Tiwari氏はこう述べている。「ビジネスオペレーションの統合、効率化、簡素化にあたって、ITテクノロジーにのみ目を向ける企業があまりに多い。プロセスやシステムには入念な分析が必要だが、人間という要素に対しても、他と同じくらい綿密な検討と戦略的な計画が必要となる。これはクラウドERPへの移行ではいっそう重要だ」

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ