TOPマネジメント > 経営幹部に必要なコミュニケーションスキルを高める6つのヒント...

マネジメント

経営幹部に必要なコミュニケーションスキルを高める6つのヒント(後)

2017/10/13

Sarah K. White CIO

 幹部として磨きをかけるべきコミュニケーションスキルは、マネージャーや下級職の頃に必要なコミュニケーションスキルと同じではない。この記事では、経営幹部として成功を収めていくうえで求められるコミュニケーションスキルを身に付けるための6つのヒントを紹介する。

前回から続く)

4:聞き手のことを理解したうえで簡潔に伝える

 会社の顔である幹部としては、話の聞き手が顧客であれ、社員であれ、ユーザーであれ、世間の人々であれ、その聞き手への理解を深めることが重要だ。

 米Finn Partnersのマネージングパートナー、Sabrina Horn氏は次のように述べている。「経営幹部は会社のブランドの代弁者であり、常に『公式見解』に沿っていなくてはならない。結局のところ、聞き手は誰なのか、その人たちにとって重要なことは何なのか、自分のメッセージがその人たちにどのように影響するかを、常に計算に入れておく必要がある」

 聞き手を理解することは、伝達すべきメッセージの準備に役立つと同氏は言い、伝達の枠組みになるキーメッセージやテーマを3つ用意して明確に示すことを勧めている。また、考え過ぎもよくない。簡潔で分かりやすく、焦点が絞られていて、効果的なメッセージという線から外れないようにする。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ