TOPCloud > 効果的なクラウド管理に必要な5つの要素(後)

Cloud

効果的なクラウド管理に必要な5つの要素(後)

2017/08/10

Clint Boulton CIO

 (2)キャパシティプランニングとリソースプランニング:クラウドインフラの運用でリソースを効率的に利用するためには、キャパシティプランニングとリソースプランニングに注目する必要がある。この2つは、オーケストレーションや自動化の機能と関連していることが多い。クラウドサービスを動かし始める前に、サービスがどの程度必要なのかや、いつ稼働する必要があるのかを検討しなくてはならない。

 (3)セキュリティとアイデンティティ:クラウドコンピューティング環境では、リスクマネジメント、職務分掌、シングルサインオン、鍵管理など、セキュリティ関連のさまざまな機能が必要だ。CIOや最高情報セキュリティ責任者(CISO)は、サイバーセキュリティに関する適切なSLA項目についてベンダーと協議する必要がある。

 (4)ガバナンスとポリシー:オンプレミスのシステムと同じように、クラウドのどの資産に誰がいつどの程度アクセスできるかをポリシーとして定めることは欠かせない。どのワークグループや部署がどのアプリケーションにアクセスできるかや、どのサービスから何にアクセスできるのかなどを決める必要がある。

 (5)オーケストレーション/自動化/プロビジョニング:複雑なクラウド環境を管理するうえで、この3つは不可欠だ。ここで重要な側面は「サービス・ブループリンティング」だ。これは、カスタマー・ジャーニー・マッピングの考え方と似た作業で、クラウドとオンプレミスの両方のシステムに伴う連携や相互依存関係を明確にしていくことになる。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ