TOPマネジメント > 退役軍人をITプロフェッショナルサービスに(後)

マネジメント

退役軍人をITプロフェッショナルサービスに(後)

2017/06/22

Stephanie Overby CIO

 米国では、優秀なテクノロジー人材の不足や、ITサービスを国内で調達するニーズの高まりに関して、数多くの企業が不満を漏らしている。そうした中、ITプロフェッショナルサービスやコンサルティングを手がける米Sharp Decisionsが、適任のプロフェッショナルの供給元として、退役軍人の活用に乗り出した。これまで見過ごされてきた供給元だと同社は考えている。

前回から続く)

 Harmonicでグローバルソフトウエア品質担当バイスプレジデントを務めるChris Pattinson氏は次のように言う。「当社は、プロフェッショナルかつ厳格で有能な人材を探していた。V.E.T.S.プログラムのおかげで、チームリーダーに支えられた技術系人材の一団に加わってもらうことができた。しかもV.E.T.S.では、メンバーのITスキルに磨きをかける技術トレーニングのブートキャンプを実施している」

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ