TOPIndustries > AIがもたらす効率化と職の創出(後)

Industries

AIがもたらす効率化と職の創出(後)

2017/05/18

Sarah K. White CIO

 人工知能(AI)は、自動化や機械学習という形で、既にあらゆる業種に影響を及ぼしつつあり、数多くの仕事が一気にAIに奪われるのではないかという懸念につながっている。だが、そうした懸念は新しいものではない。そう話すのは、米Crestronのエンタープライズテクノロジー担当ディレクター、Dan Jackson氏だ。

前回から続く)

 「非常に専門的な内容で高度な学位を必要とする仕事もあれば、共感や交流など、人間の生来の部分を必要とする仕事もある。営業、マーケティング、サービスなど、現場レベルの仕事は、AIから得た洞察を生かす方向に変わるだろうが、コアスキルの多くは今後も変わらない」とEstes氏は言う。

 AIに関連する仕事というと、どれも何年もかけて積み重ねた技術的知識が必要そうな印象を受けるかもしれないが、必ずしもそうではない。技術系の雇用には既に変化が見られる。企業が必要とするピンポイントのスキルセットが、採用候補者の間で簡単に見つからないことも多い。そこで、適切なソフトスキルを持つ人材を採用して、技術スキルは後からトレーニングするという企業が増えている。

 「これで、多様性がある上り調子の人材を確保する絶好のチャンスが新たに広がる。技術系の社員に大学の学位を必ずしも求めない企業も多い。学習意欲があり、テクノロジーの基本技能を理解している人を採用すれば、数々のシステムやアプリケーションについてトレーニングできる」とPapatsaras氏は言う。

 またPapatsaras氏は、教育制度が総体的に変化して、子供たちが早い段階からロボット工学やAIについて学ぶようになることを期待する。教育制度の枠外の部分では、既にそうした変化は起きている。例えば、「Minecraft」などのゲームは、子供たちにコーディングの基礎を教えてSTEM(科学・技術・工学・数学)教育を促進するのに役立つ。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ