TOPSoftware > いまさらCを学ぶ意味(前)

Software

いまさらCを学ぶ意味(前)

2017/03/07

Paul Rubens CIO

 オランダTIOBE Softwareが集計しているプログラミング言語の人気ランキング「TIOBE Index」を見てみてほしい。本記事執筆時点の2017年2月版では、米Googleの「Go」の人気が大きく上がっているほか、「Dart」「Perl」も上昇している。一方、由緒正しき「C」は、人気が急落している。

 今の時代は、高水準言語でコーディングするモバイルアプリやWebアプリへのニーズが非常に大きい。少なくともC言語に比べれば、習得やデバッグが簡単で、ミスする余地が少ない言語である。そう考えると、流行遅れになりそうな低水準言語をわざわざ相手にする理由はない、と思う人もいるかもしれない。

 C言語は、いまさら学ぶ価値のない言語なのだろうか。この問いは、そこまで簡単に白黒を付けられるものではない。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ