TOPHardware > 次世代SSDの接続規格「NVMe」とは(前)

Hardware

次世代SSDの接続規格「NVMe」とは(前)

2015/04/28

Jon L. Jacobi PC World

 NVMeは、SCSIやSATA(Serial ATA)と同じく、ストレージを接続するための規格だ。パイプラインやランダムアクセスなど、メモリーベースのストレージであるSSDの特徴を活用できる。また、SATAやAHCIの登場から現在までの間に進化した、データのレイテンシー(遅延時間)短縮のための手法も反映している。

 SSDが普及するにつれて、「NVM Express(Non-Volatile Memory Express、NVMe)」という名前を目にする機会が増えていくはずだ。SSD向けに開発された通信インタフェース/プロトコルの名前である。米Intel、韓国Samsung Electronics、米SanDisk、米Dell、米Seagate Technologyといったベンダーが参加する推進団体が策定した。

 NVMeは、SCSIやSATA(Serial ATA)と同じく、ストレージを接続するための規格だ。パイプラインやランダムアクセスなど、メモリーベースのストレージであるSSDの特徴を活用できる。また、SATAやAHCIの登場から現在までの間に進化した、データのレイテンシー(遅延時間)短縮のための手法も反映している。

 具体的な改良点としては、4KBの転送に必要なメッセージが2つではなく1つで済む点や、コマンドを処理するキューが1つではなく複数になっているという点がある。「複数」というのは、実に6万5536個である。これにより、多数のディスクI/O要求を同時に処理するサーバーでは、大幅な高速化が実現されるはずだ。一方、コンシューマー向けのパソコンでは、効果はそこまで大きくないはずである。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ