TOPセキュリティ > 会社のパスワードをためらいもなく売る社員(前)

セキュリティ

会社のパスワードをためらいもなく売る社員(前)

2015/04/27

Taylor Armerding CSO

 会社で使っているパスワードに関しては、売ることにためらいを感じない人もいるようだ。米SailPointが2015年1月に公表した調査結果によると、世界6カ国で社員3000人以上の大企業に勤める計1000人を対象に調査したところ、会社で使っている自分のパスワードを第三者に売ってもよいと回答した人は7人に1人に及び、わずか150ドルで売るとした回答もあった。

 パスワードに無頓着な人は多い。同じパスワードを複数のサイトで使い回したり、滑稽なほどにあっさり破れるごく簡単な文字列を使ったりする。だが、自分たちに危害を加えると分かっている輩に対して、プライベートで使っているパスワードをわずかな金額で自ら売る人はまずいないはずだ。

 ところが、会社で使っているパスワードに関しては、売ることにためらいを感じない人もいるようだ。米SailPointが2015年1月に公表した調査結果によると、世界6カ国で社員3000人以上の大企業に勤める計1000人を対象に調査したところ、会社で使っている自分のパスワードを第三者に売ってもよいと回答した人は7人に1人に及び、わずか150ドルで売るとした回答もあった。

 しかし、これは新しい問題ではない。また、150ドルという売り値も、相対的に見て高くはない。英国で2012年に行われた調査では、回答者の約半数は、会社のパスワードを5ポンド(7.4ドル)未満で売ってもよいと回答し、わずか1ポンド(1.5ドル)で売るとした人も30%いた。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ