TOPNetwork > Cookieなしでユーザー特定が可能、ブラウザー・フィンガー...

Network

Cookieなしでユーザー特定が可能、ブラウザー・フィンガープリントとは(前)

2015/03/10

Lance Cottrell(米Ntrepidチーフサイエンティスト) Network World

 「ブラウザー・フィンガープリント(browser fingerprint)」は、ユーザー特定の手法として次第に広まりつつあるものの、あまり話題に上ることがない。Webサイトを閲覧したコンピューターに関してサイト側が把握できる情報を組み合わせ、その違いに基づいて、どのユーザーかを特定するというものである。

 ユーザーが日常的にWebを利用するだけでも、Webサイトの運営者はそこから膨大な情報を得ることができる。Web広告企業や広告主を筆頭として、こうした情報を長年にわたり享受してきた企業は数多い。こうした情報はきわめて多くを物語り、利用者の居場所、収入、家族構成、興味の対象など、広告のターゲティングに利用できる多種多様なデータが得られる。

 ユーザー側からすると、商品のリサーチや、購入の選択肢の検討など、日常的な用途でWebを利用している時に、広告ネットワークが「ビッグブラザー」さながらのこうした監視を常に行っているというのは、当然ながらあまり気持ちのよいものではない。特に、病気や医療に関する検索など、秘密にしておきたい情報を扱っている時にはそうだ。

 こうした点を踏まえると、Web利用時の匿名性を維持するためにユーザー側がひと手間をかけるというのは、まさに理にかなっている。本人特定によってサイト側が実現できるのは、ユーザーのトラッキングだけではない。特定のデータへのアクセスをブロックしたり、提示する価格を吊り上げたりすることも可能だ。最悪の場合には、不正確な情報や誤った認識を与える情報へと意図的に誘導し、ユーザーのもくろみを完全に打破することも起こり得る。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ