TOPアプリ/OS > iPhoneが12月2日以降に突然再起動する不具合、iOS ...

アプリ/OS

iPhoneが12月2日以降に突然再起動する不具合、iOS 11.2で修正

2017/12/05

Michael Simon Macworld

 iPhoneユーザーにとっては、まるでY2K問題の再来だ。2017年12月2日の午前0時を過ぎたとたん、iPhoneが原因不明の再起動やクラッシュを繰り返すという現象が、数多く発生した。この現象は、「iOS 11.1.2」をインストール済みのデバイスで発生する。なお、問題を修正するアップデートも既に提供されている。

Credit: IDG

 このバグは、iOSのローカル通知の機能に関係している。ローカル通知とは、端末上で行われる通知で、米Appleのプッシュ通知サービスを使うリモート通知とは別だ。ローカル通知を使うアプリとリモート通知を使うアプリを見分けるのは簡単ではないが、例えば瞑想アプリ「Headspace」は、リラックスや呼吸についてのリマインダーにローカル通知を使っている。今回のバグは、ローカル通知を使っているアプリのどれもが再起動の原因となり得る。

 この事態を受けてAppleは、iOSのメジャーアップデートである「iOS 11.2」を深夜にリリースした。今回のバグ修正に加え、個人間送金機能「Apple Pay Cash」や、「iPhone 8」と「iPhone X」の高速ワイヤレス充電に対応したほか、さまざまな不具合の修正やビジュアル面の変更が加わっている。「iOS 11.2 beta 6」のリリースはその前日で、「同beta 5」から数日しかたっていなかった。おそらくAppleは、今回のバグを受けて、iOS 11.2のリリースを早めたものと推測される。iOSのメジャーアップデートを土曜の未明にリリースすることは通常はないからだ。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ