TOPセキュリティ > Bluetoothの脆弱性「BlueBorne」、数十億台の...

セキュリティ

Bluetoothの脆弱性「BlueBorne」、数十億台のデバイスに影響

2017/09/19

Samira Sarraf ARN

 米セキュリティ企業Armis Labsは現地時間2017年9月12日、Bluetoothの脆弱性「BlueBorne」の情報を公開した。パソコンやスマートフォン、IoT機器などのデバイスが、Bluetooth接続を通じて不正にアクセスされる恐れがあるという。この脆弱性は、同社が4月に発見したもので、米Googleや米Microsoftなど、関係するOSの開発元は、すでに更新プログラムを公開している。

 BlueBorneを使った攻撃は、標的のデバイスとペアリングする必要はない。また、標的のデバイスが検出可能モードになっていなくても攻撃できる。Armis LabsがBlueBorneに関してこれまでに特定したゼロデイ脆弱性は8件ある。

 BlueBorneは、Android、Linux、Windows、iOS(バージョン9.3.5以前)、tvOS(バージョン7.2.2以前)の各OSで動作するすべてのデバイスに影響し、Bluetoothのバージョンは関係しない。Armis Labsの推計では、該当するデバイスは80億台を超える。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ