TOPアプリ/OS > 私がChromeからFirefoxに舞い戻った理由

アプリ/OS

私がChromeからFirefoxに舞い戻った理由

2016/05/25

Susan Perschke Network World

 Webブラウザーを「Firefox」から「Chrome」に乗り換えて、Firefoxには二度と戻らないと誓った人も多いと思う。筆者もその1人だ。だが先日、WebアプリケーションをFirefoxでテストする必要が生じ、少々ためらった後に、思い切ってFirefoxをインストールした。

出所:Network World

 立ち上げてみると、すっきりとしたミニマルデザインのユーザーインタフェースを持つブラウザーが開いた。ツールバーには、グレーのしゃれたアイコンが並んでいる。筆者が知るオレンジ風のFirefoxはどこへ行ったのだろう。起動するブラウザーを間違えたのだろうか。

 どうやら、Mozillaの面々は、市場シェアの縮小を真摯に受け止め、大幅に改良を加えた製品で反撃に出たようだ。最近の記憶にある中では、ここまで顕著な改善を果たした製品はほかにないと思う。見事なパフォーマンスの向上、カスタマイズ可能なメニューとツールバー、64ビットアーキテクチャーへの対応、合理的なリーダービュー、ChromeやIEよりはるかに優れた設定機能など、新たな基準となり得る特徴が数多くある。パフォーマンスに関しては、今や3大ブラウザーのうちでFirefoxが最速だとMozillaはうたっている。

 Firefoxは、ユーザーのプライバシーに大きく配慮していることも売りのひとつだ。筆者はスヌープウエアは嫌いだ。その意味で、最近主流のブラウザーには腹が立つ。スヌープウエアとはCookieだけではない。Windows上でChromeを使っている人は、Windowsのタスクスケジューラを開いて、プロセスの実行スケジュールを確認してみてほしい。Googleのアップデータなど、Chrome関連のタスクが少なくとも2つ以上、バックグラウンドで日々刻々と動く設定になっているはずだ。msconfigの設定を変えて、迷惑なプロセスを抹殺したつもりでいても、実はそうではないのだ。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ