TOPアプリ/OS > Instagram、Snapchatで人気の顔フィルター機能...

アプリ/OS

Instagram、Snapchatで人気の顔フィルター機能をついに搭載

2017/05/18

Caitlin McGarry Macworld

 米Facebook傘下の米Instagramが、一定時間で投稿が消える「Stories」機能を導入したのは2016年8月だった。もともとは米Snapの「Snapchat」が考案した様式である。現在では、InstagramのStories機能は、1日当たりのアクティブユーザー数が2億人に達した。Instagramの独創性のなさには批判もあるものの、Storiesが成功しているのは間違いない。だが、Snapchatならではの楽しい機能がInstagramには1つ欠けていた。自分の顔を加工できるフィルターだ。しかし今回、それも過去の話となった。

Credit: Instagram

 Instagramは、現地時間2017年5月16日にバージョンアップしたアプリで、Storiesのカメラに顔フィルターの機能を搭載した。新しい顔マークのアイコンをタップすると、8種類のフィルターを使って顔を加工できる。間違いなく子供に受けそうなコアラとウサギのフィルターや、ティーンエージャー向けの花冠のフィルターなどがある。フィルターの種類はあまり多くないし、Snapchatのようにフィルターを定期的に更新するのかどうかも定かではないが、最初としては悪くない。フィルターは前面カメラと背面カメラのどちらの撮影でも使える。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ