TOPソーシャル > Facebook、VRの世界で友達と会えるアプリ「Space...

ソーシャル

Facebook、VRの世界で友達と会えるアプリ「Spaces」を発表

2017/04/20

Blair Hanley Frank IDG News Service

 米Facebookは現地時間2017年4月18日、VR(仮想現実)の世界で友達と楽しく過ごせる新アプリ「Spaces」を発表した。同社傘下の米Oculus VRのヘッドセット「Oculus Rift」で動作する。Spacesの世界では、各ユーザーがアバターで表現され、同じ空間を共有する没入型の環境の中で交流を楽しむことができる。

 Spacesでは、仮想世界のテーブルを囲んで集ったり、3次元のお絵かきを共有したり、Oculus Riftの内蔵マイクを使って会話したりできる。また、Facebookのコンテンツライブラリにある360度の写真や動画の中に皆で入り込むこともできる。

 Oculus Riftのヘッドセットを持っていない人も、Facebook Messengerのビデオ通話機能を使ってSpaces内の集まりに参加できる。Spacesの様子をスマートフォンで見ることができ、VR環境の中ではビデオ通話の映像が表示される。

 Facebookは今回のSpacesでソーシャルVRに初めて進出した。ソーシャルネットワークとOculus VRのハードウエアを組み合わせることが持つ威力が、このSpacesからは分かる。例えば、互いに遠く離れた友達同士のグループでも、Spacesを使うと、直接会って遊んでいるかのような体験ができる。

 FacebookとSpacesが連係している大きな強みの1つは、アバターの作成時に発揮される。Spacesは、コンピュータービジョンを使い、Facebookのユーザーのプロフィール写真に基づいて、その特徴を踏まえたアバターを提示する。したがって、本人にある程度似た、デジタル漫画風の分身が初めから得られる。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ