TOPNetwork > Amazon Prime Video、ついにApple TV...

Network

Amazon Prime Video、ついにApple TVに対応

2017/12/08

Michael Simon Macworld

 米Appleは、2017年6月の開発者カンファレンス「WWDC」の中で、米Amazon.comの映像配信サービス「Amazon Prime Video」が「Apple TV」で見られるようになると予告していた。あれから半年。Apple TVのApp StoreにPrime Videoのアプリがついに登場した。Prime会員にとっては朗報だ。

Credit: IDG

 Prime Videoアプリをインストールするには、App Storeを開き、「Amazon」と入力する(実際には「AM」だけでよい)。そして、同アプリのアイコンをクリックする。インストールが完了したら、Prime会員はサインインを選択することで視聴を始められる。サインインしない場合も、映画や番組のラインナップを確認することは可能だ。

 Prime会員にとっては、一足早いクリスマスプレゼントとして、これ以上のものはない。Apple TVでAmazon Primeを利用できないことは、何年も前から、重大な欠落の1つだった。しかも、Amazonの動画配信のラインナップが充実し、賞を獲ったオリジナル番組や映画が加わってきたことで、欠落の穴は大きくなる一方だった。今回Amazon Prime Videoが対応したことで、Apple TVは「Roku」と肩を並べた。Apple TVの方がずっと高価だが、ホリデーシーズンが近づく中、販売の後押しにつながるかもしれない。

肝心なのはコンテンツ

 Prime Videoアプリにサインインすると、主な新作や人気作のほか、自分が途中まで見た作品が表示される。アプリのインタフェースは、他のデバイスのPrime Videoアプリと同様で、Primeで視聴できる作品と、自分のライブラリに入っている作品が示される。「Apple TV 4K」と対応テレビを持っていれば、4K HDRで動画を見られる。うれしい驚きなのは、番組ガイドのApple TV版であるTVアプリにも、Amazonのコンテンツが表れることだ。対応に時間がかかった理由はそれなのかもしれない。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ