TOPSoftware > Microsoft、ExcelとPowerPointの無料ビ...

Software

Microsoft、ExcelとPowerPointの無料ビューワー提供を来春終了

2017/11/29

早坂 利之

 米Microsoftは、ExcelとPowerPointのファイル用の無料ビューワー「Excel Viewer」「PowerPoint Viewer」の提供を2018年4月で終了することを発表した。これらは、Officeアプリケーションの本体がなくてもファイルの内容を閲覧できるビューワーとして提供されていた。

Credit: Blair Hanley Frank

 2017年11月16日の同社公式ブログ記事には次のように説明がある。「Excel Viewer、PowerPoint Viewer、PowerPoint Viewer 2007、Office互換機能パックは、2018年4月で廃止する。その時点から、ダウンロードができなくなり、セキュリティ更新プログラムも配信されなくなる」

 同社は、Wordファイル用の無料ビューワー「Word Viewer」についても、今月(2017年11月)で廃止することを1年前に発表していた。だが、本記事を執筆している2017年11月27日現在では、Word Viewerはダウンロード可能な状態にある。

 これらのビューワーをインストールしていると、Office本体のアプリケーションがなくても、Wordの文書、Excelのスプレッドシート、PowerPointのプレゼンテーションを開いて、閲覧や印刷ができる。職場でできるだけ大勢による共同作業を可能にすることを狙いとしていた。

 Microsoftがこれらのビューワーの原型をリリースしたのは20世紀の終わりだったが、Office 2007に相当するバージョンで開発は実質的に停止していた(ただし、脆弱性に対処するセキュリティパッチはその後も提供されていた)。そして、2010年に「Office Online」が登場し、さらにモバイル版のOfficeアプリもリリースされたことで、多くの人にとってビューワーは不要となった。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ