TOPHardware > Intel、パスワード入力を不要にする生体認証ソフトウエアを...

Hardware

Intel、パスワード入力を不要にする生体認証ソフトウエアを準備中

2014/11/26

Agam Shah IDG News Service

 パソコンでパスワード入力が不要になるかもしれない。米Intelは、メールやオンラインバンキングへのログインに生体認証を使えるようにしたいと考えている。

 Intelの上席副社長兼PCクライアント事業本部長のKirk Skaugen氏が先日語ったところによると、同社傘下の米McAfeeが開発した、生体認証技術によるユーザー認証のソフトウエアが、2014年中にダウンロード可能になるという。

 「バイオメトリクスによって、Windowsのログインのパスワード入力が基本的に不要になり、いずれはどのWebサイトでも二度とパスワードを入力しなくて済むようになる」と同氏は言う。

 この製品について、それ以上の詳しい情報は現時点では得られていないが、パソコンやタブレット端末を使ううえで、パスワードを覚えておかなくてはならないことは、大きな不便の1つだった。生体認証はその緩和策になる。

 平均的なユーザーは約18個のパスワードを使っており、生体認証があればパソコンが使いやすくなるとSkaugen氏は話す。

 生体認証技術は新しいものではない。米Appleのモバイル決済サービス「Apple Pay」も、iPhoneやiPadを使ったクレジットカード決済に指紋認証を利用している。Intelは、指紋、ジェスチャー、顔、音声認識など、複数の方式の生体認証技術に取り組んできた。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ