TOPNetwork > Facebook、「Workplace Chat」のデスクト...

Network

Facebook、「Workplace Chat」のデスクトップアプリで企業ユーザー取り込みを狙う

2017/10/11

Matthew Finnegan Computerworld

 米Facebookは、企業向けSNS「Workplace」のメッセージング機能「Workplace Chat」をパソコンで使うためのデスクトップクライアントをリリースした。現在ベータ段階で、Windows用とMac用がある。

Credit: Peter Sayer

 Workplaceは2016年10月にサービスが開始され、現在1万4000社以上で使われている。最近では米小売大手Walmartも採用を決めた。そのメッセージングツールであるWorkplace Chatは、チャット、音声通話、ビデオ通話などの機能があり、コンシューマー向けFacebookで言えば「Messenger」に相当する存在だ。Messengerの月間アクティブユーザーは12億人に上る。

 これまで、Workplace ChatはモバイルアプリかWebブラウザーからしか利用できなかった。今回登場したデスクトップアプリにより、これまでWebブラウザーでタブをいくつも同時に開いて連絡を確認していた人にとっては、利便性が高まるはずだ。

 このベータ版アプリの提供は、米TechCrunchが現地時間2017年10月5日の記事で報じた。その中で引用されているFacebookの担当者の話によると、デスクトップアプリはユーザーからの要望が特に多かった機能とのことで、ベータ版ユーザーのテストを踏まえて改良を加えたうえで、広く公開するとしている。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ