TOPSoftware > WhatsApp、企業向けのアプリとソリューションをテスト中...

Software

WhatsApp、企業向けのアプリとソリューションをテスト中

2017/09/08

Matthew Finnegan Computerworld

 米Facebook傘下のメッセージングプラットフォーム「WhatsApp」は、企業と顧客とを結び付ける機能の強化を目的として、企業向けのスタンドアロンアプリとソリューションを開発していることを明らかにした。

Credit: Facebook

 同社が開発しているのは、中小企業向けの無料の「WhatsApp Business」アプリと、世界に顧客を持つ大企業向けのソリューションだ。1日の利用者が10億人を超えるWhatsAppをどのようにマネタイズしていくつもりなのか、Facebookの意向が垣間見える。

 WhatsAppは現地時間2017年9月5日付けの公式ブログ記事の中で、大企業向けのソリューションについて航空会社、eコマース企業、銀行といった企業が、フライト時刻や配送通知などの最新情報を顧客に伝えるために使えるという例を挙げている。Wall Street Journalの記事によると、このソリューションは有料となるが、料金はまだ明らかにされていない。

 WhatsAppは最近、企業と顧客との関係構築にかかわる機能を少しずつ強化してきていた。例えば8月末には企業アカウントの認証制度を導入した。企業の正規のアカウントと電話番号が一致していることをWhatsAppが確認し、該当するアカウントに緑色のバッジを表示するというもので、Facebookが企業ページに付けているグレーのバッジと同じような機能だ。それ以前には、企業が顧客にマーケティングメッセージを送れるようにする計画も発表していた。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ