TOPSoftware > TypeScript 2.5の新機能

Software

TypeScript 2.5の新機能

2017/09/04

Paul Krill InfoWorld

 JavaScriptに型付けなどの拡張を加えたスーパーセットとして広く使われている米Microsoftの言語「TypeScript」に、新バージョン2.5が登場した。今回のバージョンでは、try/catch文で受け取るエラーの記述やコンパイラの機能などに関して改良が加わった。

Credit: Mira DeShazer (CC0)

 TypeScript 2.5のtry/catch文では、catch節のパラメーターを省略できるようになった。MicrosoftでTypeScript担当のプログラムマネージャーを務めるDaniel Rosenwasser氏の説明によると、何らかのエラーで処理が失敗する可能性がある箇所で、エラーの種類は問わずに対処したい場合に、catch節でエラーを受け取るパラメーターの記述を完全に省くことができる。ECMAScriptで提案されているのと同様の方式だ。

Twitterもチェック

↑ページ先頭へ