• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

CES 2018

CESの主役はテレビからAIスピーカー、そして移動型ロボットへ

CES主催者CTAが直前プレスカンファレンスを開催

根津 禎 2018/01/08 日経テクノロジーオンライン

 「AI(人工知能)スピーカー」の次はロボットーー。「CES 2018」開催前に開かれた、CESを主催する米CTA(Consumer Technology Association:全米民生技術協会)のプレスカンファレンスからは、家電の主役が音声対話機能を搭載するAIスピーカー(スマートスピーカー)を足掛かりに、いずれ「コミュニケーションロボット」や「アシスタントロボット」と呼ばれるような家庭用ロボットへの移行を予感させた(図1、2)。

図1 CTAのSteve Koenig氏(Sr. Director、Research)
CTAプレスカンファレンスにて。
[画像のクリックで拡大表示]

図2 CTAのLesley Rohrbaugh氏(Sr. Manager、Research)
CTAプレスカンファレンスにて。
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年のCESでは、Amazon.com社の「Alexa」をはじめとする音声認識・対話機能基盤や、同基盤を採用したスマートスピーカーや車載情報機器に注目が集まった。その結果、米国市場でスマートスピーカーの出荷台数は大幅に伸びた。CTAの調べによれば、2017年に出荷されたスマートスピーカーの台数は約2725万6000台と、2016年比で279%増になったという(図3)。つまり、1年で4倍近くになる計算である。2018年はやや落ち着くものの、それでも2017年比で60%増の約4362万7000台の出荷を見込む。金額に換算すると、約38億米ドルと、2017年比で93%増になるとみている。

 スマートスピーカーの普及により、スマートスピーカーを通じてさまざまな家電を制御するようになるだろう。その結果「スマートホーム化」が加速しそうだ。CTAの予測によれば、米国での2018年のスマートホーム関連製品の出荷台数は4080万台と前年比で41%増になるという。金額に換算すると約45億米ドルで、前年比で34%増とみている。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ スマートスピーカーは2020年に減少
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る