• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

だから相手を怒らせる

池上 俊也=ITpro 2017/12/11 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2012年6月号p.42-pp.47
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 何気ない言動が、なぜか相手を怒らせる。 あなたにはそんな経験がないだろうか。 相手を怒らせるパターンと、その解決策を紹介する。

目次

  • 空気が読めないSE、罪を憎んで人を憎まず

     突然、話の流れと全く異なる言動を取る。これは、相手を怒らせる「KY(空気が読めない)型」だ。「何で今その発言?」と相手を困惑させ、いら立たせる。(2017/12/18)

  • 格好をつけて専門用語を使うのは論外、SEが知っておくべき対話術

     「何を偉そうに」「馬鹿にしているのか」。こんな感情を相手に抱かせるのが、上から目線の「してやる型」だ。(2017/12/15)

  • 「ホントに分かってんの?」と相手を怒らせない技術

     「はい」「そうですね」。相手の話を聞いているとき、こんな言葉を安易に繰り返すのはやめたほうがよい。こう指摘するのは、コミュニケーションに関する教育を手掛けるITブレークスルーの森川滋之氏(代表)だ。(2017/12/14)

  • 「融通の利かないヤツ」と相手が怒る、SEにありがちな言動

     相手を怒らせるパターンの1つが「できる」「できない」の二者択一で物事を考える「ビット型」だ。プロジェクトのコミュニケーション形成を専門とする、NTTデータの角谷恭一氏(技術開発本部 IT活用推進センタ 課長)は「多忙なITエンジニアに特に目立つ言動」と指摘する。原因として、忙しい中で引き受けるのが…(2017/12/13)

  • システム障害が発生、周囲を怒らせない説明の手順

     相手を怒らせるパターンの1つは「結論後回し型」だ。これは、大事なことを後回しにし、何を言いたいのか分からない言動である。(2017/12/12)

  • 相手を怒らせてしまう7つのパターン

     「俺は要員の話をしているんだ!コストの話なんてしていない」――。SIベンダーのユー・エス・イーでシステム提案などを手掛ける宮原祐司氏(営業戦略推進本部 副本部長)は、かつてユーザー企業のシステム部長をひどく怒らせた経験がある。(2017/12/11)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る