• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

3大SE病を克服

SEを悩ます腰痛、オフィスでできる予防法

池上 俊也=ITpro 2017/12/06 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2012年2月号p.50-pp.55
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「SEに多く見られる病気は、腰痛、胃腸炎、うつ病の3つだ」――。富士通で健康推進の指揮を執る三宅 仁医師(常務理事 健康推進本部長 富士通クリニック院長)はこう指摘する。長期離脱につながりかねない腰痛、胃腸炎、うつ病は「3大SE病」とも呼べる病気である。

長期離脱につながりかねない「3大SE病」
[画像のクリックで拡大表示]

 ITの現場は、納期や品質へのプレッシャー、睡眠不足、座りっぱなしでの作業、複雑な人間関係など、ストレスの多い仕事環境だ。3大SE病の腰痛、胃腸炎、うつ病はいずれも、ストレスが大きな原因の1つになる。プロジェクトの経験が豊富なプライスウォーターハウスクーパースの堺 勝久氏(ディレクター)は「真面目に頑張っているメンバーほど、3大SE病にかかりやすい」と打ち明ける。長期離脱を避ける意味でも、一人ひとりが3大SE病を克服する必要がある。

まっすぐ背筋を伸ばした姿勢保つ

 SEの大敵と言える腰痛から見ていこう。

 「腰痛は本当につらい。重度になると動けないし声も出せない。全く仕事にならない」。こう語るのは、かつて椎間板ヘルニアを発症し、2カ月半にわたって療養した経験を持つ、アンツビズシェアの村中 修氏(代表取締役)だ。

 村中氏はこの苦い経験を踏まえて、現在は開発プロジェクトでの腰痛対策を欠かさない。具体的には、仕事中であってもマッサージに行くことを許可しているほか、腰痛防止用のイスを職場に用意している。

腰痛防止用のイスを利用
[画像のクリックで拡大表示]

 このイスは、まっすぐ背筋を伸ばした姿勢を保つためのものだ。村中氏の場合、一般的なオフィスチェアを使うと、浅く腰掛けがちで、腰が曲がり負担がかかる。腰痛防止用のイスには座面にわずかな傾斜があるので、自然と深く座るようになる。そのため腰が曲がりにくく、自然と背筋が伸びる。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る