• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

IT企業の給与は上がったのか

ソフトバンクの平均役員報酬、突出して高額

福田 崇男=ITpro 2017/12/20 ITpro

 大手IT企業を経営する役員は、どのくらいの報酬を得ているのか。今回は携帯大手の3社、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク(ソフトバンクグループ)が開示する情報から、その実態を見ていこう。

 ここでは1人当たりの平均役員報酬を算出する。これは、各社の有価証券報告書に記載されている役員報酬の総額を役員の人数で割った単純平均値である。社外取締役や監査役は対象外とし、退職慰労金や退任費用は額に含めない。

 3社の中で2016年度の報酬額が最も大きかったのはソフトバンク(ソフトバンクグループ)で、1人当たり8600万円だった。対象となった取締役は4人だ。

2016年度の1人当たり平均役員報酬。各社の有価証券報告書より抜粋した
[画像のクリックで拡大表示]

 このうち連結報酬の総額が1億円を超えていたのは、孫正義代表取締役会長兼社長、宮内謙代表取締役副社長、そして退任したニケシュ・アローラ氏である。孫氏のソフトバンクグループにおける報酬は、1億3900万円である。

 宮内氏やアローラ氏は、連結対象の子会社からの報酬もある。宮内氏の報酬は6億1700万円。アローラ氏は、103億4600万円だった。

 KDDIの平均役員報酬は5818万円。報酬総額が1億円を超えたのは田中孝司代表取締役社長で、1億2300万円である。

 平均役員報酬が最も低かったのは、NTTドコモ。3163万円だった。対象となる役員の数は、最も多い16人だった。報酬が1億円を超えた役員はいない。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 上下変動が激しい平均役員報酬
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IoTラクラク実践術】

    スマホさえあればIoTは始められる

     IoT化が進められないITエンジニアにお勧めなのが、スマートフォンを使ったIoTシステムの開発だ。スマートフォンには加速度など様々なセンサーが組み込まれているうえ、通信機能も備わっている。最も身近で扱いやすいIoTを実現するための機器が、スマートフォンなのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る