• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

PCやスマホでイライラしてませんか?

iPadを使い込んだから痛感する、キーボードとペンの弱点

戸田 覚=ビジネス書作家 2017/11/22 ITpro

 ここ数年、僕があらゆるデバイスの中で一番長時間使っているがiPadだ。仕事用途だけでなく、パーソナルユースでもかなり使い込んでいる。製品としての完成度が高く、実用性にも満足しているからこそ毎日使っている。

 でも、使用時間が長いからこそ不満点も出てくる。気に入っているiPadだが、実はちょっとイラッと感じている点と解消策を紹介していく。

コントロールセンターの表示方法

 iPadはiOS 11にバージョンアップしてマルチタスクの操作がしやすくなり、ファイル管理も可能になった。iPadには多くの恩恵があったといえる。でも、良いことばかりではなかった。

 ディスプレイの明るさ調整にコントロールセンターを使うようになり、画面の下から上にスワイプさせて表示するように操作が変わった。まあそれはそれでよいのだが、同時に新搭載されたDockも、アプリを使っているときは表示されず、画面の下から上にスワイプする方式だ。

 つまりアプリ使用時は、一度スワイプするとDockが表示され、さらにもう一度スワイプするとコントロールセンターが現れる。これがちょっと困りもので、慌てているとDockの上のアイコンを移動させてしまうことがある。

 その結果、意図せずマルチタスクでアプリが動作し、画面の右に別のウィンドウが現れる。マルチタスキングを解除するにはホームボタンを押して…、という面倒な操作が必要になる。

 そこで、これまで習慣となっていた操作方法を変えて、コントロールセンターはホームボタンの2度押しで表示させることにした。でもこの操作は、iPhone Xを利用しているユーザーにはできない。ホームボタンがないからだ。iPhone XとiPadで操作方法を変えなければならない。

 iOSの進化は大歓迎だが、iPhone Xを含めて操作性をもっとそろえてほしいと思う。

Dockを表示するには画面の下から上にスワイプする
[画像のクリックで拡大表示]
コントロールセンターを開こうして操作を誤る
[画像のクリックで拡大表示]
ホームボタンの2度押しのほうがスマートだがiPhone Xでは不可能
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る