• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

大型IT投資は時代遅れ

清嶋 直樹=日経コンピュータ 2017/11/13 日経コンピュータ

平日は満員電車で通勤し、連休は大渋滞に巻き込まれながら行楽地へ。旅館に行っても満室で食事がなかなか出てこない──。

世の中にある様々な「ピーク」が快適な生活を妨げている。

かつての日本なら、ピーク解消に向けて電車も道路も働き手も増やせた。だが今の日本は低成長と人口減で、全体の大きな需要増は望めない。

もはやピークに合わせて設備や人員、情報システムを増やすのは非合理的。今取るべき手はITを活用してピークを無くす、あるいは抑える「ピークカット」だ。

顧客は快適なサービスを享受でき、企業は投資を減らせ、社会全体の損失も減る。「三方よし」のピークカットの方策を示そう。

目次

  • 「近未来人数予測」というドコモの技術、広がる応用分野

     ピーク対策にはピークの実態の見える化が欠かせない。決まったエリアを走る電車の場合、改札通過数や電車の過重センサーなどで利用者数は比較的容易に分かる。より広いエリアのピークを把握するには、携帯電話網が使える。(2017/11/17)

  • サービスレベルを瞬間的に落とす、ヤフーやLINEは割り切り上手

     交通量や業務量などのピークは比較的予測しやすい。一方で、局所的・突発的に極端なピークが発生する分野がある。代表例はネットの世界。大手は大量アクセスをうまくさばく工夫を凝らしている。(2017/11/16)

  • 繁忙期なんて怖くない!?星野リゾートやSansanのピーク対応力

     満員電車や交通渋滞は代替手段に乏しく、利用者は不本意でも使わざるを得ない。だが、一般のサービス業でピーク対応がまずければ顧客が離れ売り上げに響いてくる。業務プロセスや仕事の分担方法などを見直してピーク対応力を高める3社を紹介しよう。(2017/11/15)

  • 顧客にピークを避けてもらう、くら寿司と東急電鉄の大きな成果

     ピークは企業だけでなく顧客にも負担を強いる。ピークを避けてもらうための働きかけが有効だ。少ないインセンティブで大きな効果を生んだ事例も出てきた。(2017/11/14)

  • ピークのせいで生まれる無駄なIT投資、コスト抑制の3手法

     世の中は「ピーク」のせいで時間やお金の無駄だらけだ。こうした社会的損失を回避するために提唱したいのが「ピークカット」。かつてのように設備や人員を大幅に増強して対応するのではなく、最少の費用と時間でシステムや仕組みを見直し、工夫して対応するのが基本的な考え方だ。当然ながらITの活用も欠かせない。(2017/11/13)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る