• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

システム裁判回顧録

2017/11/13 日経コンピュータ

 システム開発トラブルにまつわる企業同士の争いは、残念ながら絶えることがない。不調に陥ったシステム開発プロジェクトの責任を巡って、発注企業とIT企業の間で訴訟に発展するケースもある。

 システム裁判回顧録――。過去に起こったシステム裁判を振り返ることで、最悪の事態になるためのヒントを探っていただきたい。

目次

  • 要件固めに失敗した責任はベンダーかユーザーか、JTBとビーコンITのシステム裁判

     業務や機能の要件が固まらず不調に陥り、システム再構築プロジェクトを2001年1月に中止。失敗の責任を巡って、互いに訴え合ったのがジェイティービー(JTB)とビーコン インフォメーション テクノロジー(ビーコンIT、現ユニリタ)の事案である。2004年10月、互いに求めていた賠償請求を放棄せよ、とい…(2017/11/17)

  • パッケージと業務が適合しない、溝を埋め切れなかったJR貨物とワークス

     パッケージソフトの導入プロジェクトで裁判沙汰に発展したのが、日本貨物鉄道(JR貨物)とワークスアプリケーションズのケース。ワークスのパッケージ・ソフトを使った2年ごしの給与システムの開発プロジェクトが道半ばで中止に。支払い済み費用の返還を求めて、JR貨物が2003年7月、ワークスに対して損害賠償請…(2017/11/16)

  • あいまい契約が引き起こす争い、セコム損保と富士通のシステム裁判

     大型のシステム構築案件では、契約があいまいなままプロジェクトがスタートしてしまうことが少なくない。その結果システム裁判に至ったケースの一つが、セコム損害保険(セコム損保)と富士通によるシステム裁判である。(2017/11/15)

  • ソフトウエアのバグは重過失か、みずほ証券・東証システム裁判の争点

     みずほ証券が東京証券取引所(東証)に対して約415億円の損害賠償を求める訴訟を起こしたのは、2006年10月27日のこと。証券会社が取引所を提訴した珍しい裁判となった。争点となったのは、「ソフトウエアのバグが重過失に当たるのか」という点だ。(2017/11/14)

  • システム裁判の教訓、プロマネのあり方を問うたスルガ銀・IBM訴訟

     システム裁判として著名なものといえば、スルガ銀行と日本IBMの案件。スルガ銀行は2008年3月5日、システム開発の中止で損害を受けたとして、発注先の日本IBMに約111億円の支払いを求める訴訟を起こした。その後、2015年7月8日に決着。日本IBMに約42億円の賠償を命じた東京高等裁判所の判決が確…(2017/11/13)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る