• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

あなたが知らないiPhone

iPhoneをロックしたまま緊急SOS、サイドボタンを素早く5回

伊藤 朝輝=ライター/システムエンジニア 2018/01/05 ITpro
(撮影:伊藤朝輝、モデル:姫野つばさ、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

 「電話の再発明」と称されて登場したiPhone。今やそれ以外の用途で使われる場合が多いかもしれない。しかし、iPhoneの電話機能も進化していて、覚えておくと便利な機能がある。

 今回は「会議中に電話がかかってきた時」「緊急事態に遭遇した時」など、いざという時に使えるiPhoneの電話機能に着目しよう。

ボタン操作でコール音だけを止める

 すぐには電話に出られない場所でiPhoneに着信があり、慌ててしまったことはないだろうか?会議中などの静かな場所では、サイレントモードにしてあっても振動が長く続くと気まずくなるもの。そんな時は、次の2つのワザで切り抜けよう。

  • 音量ボタンまたはサイドボタンを1回押すとコール音が止まる
  • サイドボタンを2回押すと着信が切れる

 ホームボタンでなければどのボタンでもよいので、手探りでもある程度操作できるところがポイントだ。コール音を止めても相手からの呼び出し自体は続いているので、画面で相手を確認し場所を変えて電話に出ることも可能だ。

 そこまで緊急でないと判断できるなら、サイドボタンを2回押せば着信拒否となる。留守番電話サービスを利用していればそちらにつながる仕組みになっている。覚えておくと、とっさの場合にかなり便利だ。

 念のために確認しておくと、「サイドボタン」はiPhoneの向かって右横にあるスリープ/スリープ解除、電源オン/オフなどに使うボタンのこと。iPhone 7以前の機種では「スリープ/スリープ解除ボタン」と呼ばれており、iPhone SEだと上部にある。

 着信時に、画面の「メッセージを送信」をタップし、SMSで電話に出られない旨のメッセージを送って切る方法もある。

 標準設定のままだと、「現在電話に出られません。」といった、味気ないメッセージが送信されてしまうが、変更も可能だ。「設定」アプリから「電話」「テキストメッセージで返信」をタップし、表示された画面で、オリジナルのメッセージを入力しておくとよい。

 ただ、SMSの送信は1通ごとに発信側に料金がかかる点、相手が固定電話だと基本的に受信できない点には注意が必要だ。

iPhoneに着信した際、サイドボタンを1回押すと呼び出し状態を維持したままコール音(バイブ)だけを止められる。2回押すと着信が切れる
[画像のクリックで拡大表示]
着信画面で「メッセージを送信」をタップすると送信されるメッセージ内容は、自由に変更できる
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 緊急SOSはサイドボタンを素早く5回押す
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【IBM Watsonの真実】

    IBMのWatson、「人工知能」とは別モノ?

     今のAIブームを技術面で牽引しているのが深層学習(ディープラーニング)だとすれば、ビジネス向け製品/サービスではWatsonだと言っても過言ではない。この2年で機能や販売形態が大きく変化していることもあり、全体像を捉えにくい。様々な側面からWatsonの現状を明らかにしていく。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る