• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITpro EXPO 2017

会 期2017年10月11日~10月13日会 場東京ビッグサイト
来場事前登録(終了しました)
セミナー登録(終了しました)
ITpro EXPO 2017速報

ユーザックシステム、RPAソフトで業務を自動化する体験コーナー

下玉利 尚明=タンクフル 2017/10/12 ITpro

 ユーザックシステムは、2017年10月13日まで東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2017」で、同社のRPA(Robotic Process Automation)ソフトを出展している。自動化したい業務フローをプログラミングレスで設定できる機能などを、来場者がパソコンで体験できるコーナーも用意されている。

パソコンで「Autoメール名人」の業務自動化の設定フローを体験できる
(撮影:下玉利 尚明)
[画像のクリックで拡大表示]

 RPAは働き方改革のニーズとともに注目度が高まっている。ユーザックシステムの担当者は、「2004年からブラウザー操作のメール自動化ソリューション『Autoブラウザ名人』を提供している」という。主にWebブラウザーベースのシステムを利用するEDI関連の業務を自動化する機能を備える。約15年で、食品・飲料メーカー、アパレル、金融機関など400社以上の導入実績があるという。

 飲料メーカーでは、膨大なPOSデータを毎日ダウンロ―ド(集計)する業務を自動化。アパレルメーカーでは基幹システムと連携し、ECサイトの在庫・価格情報のアップロード作業などを自動化したという。

 ブースでは具体的な導入事例として、埼玉県魚市場への導入事例をパネルで解説。オンライン受注作業を自動化し、1日当たり約2時間の業務効率化が図れたとする。

 2009年にリリースした「Autoメール名人」は、受発注や経理業務、営業支援業務なメールの送受信をともなう各種業務を自動化するソフト。自動化したい業務のフローの設定などをプログラミングレスで行える。

 ブースには、「Autoメール名人」をインストールしたパソコンが用意され、来場者が実際にプログラミングレスで自動化フローを設定する流れを確認できるようになっていた。

 価格は、「Autoブラウザ名人」(開発環境含む標準タイプ)が1年ライセンスで16万円から、買取りライセンスで80万円、月額保守費用が1万円でいずれも税別。「Auto メール名人」(同)が1年ライセンスで14万円から、買取ライセンスで70万円、月額保守費用が8800円でいずれも税別。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る