• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITpro EXPO 2017

会 期2017年10月11日~10月13日会 場東京ビッグサイト
来場事前登録(終了しました)
セミナー登録(終了しました)
ITpro EXPO 2017速報

関西の気風でCOBOLの悩みを解決? データプロセスが展示会で傾聴

高橋秀和=ITpro 2017/10/12 ITpro

 展示会にはつきものの、製品やサービスの展示がない。目に入るのは、「関西傾聴」ののれんと巨大なたこ焼きのオブジェ、そして着流しの説明員。2017年10月11日から13日にかけて開催されている「ITpro EXPO 2017」で一風変わったブースを出展しているのは、関西の独立系システムインテグレータであるデータプロセスだ。

データプロセスのブース
[画像のクリックで拡大表示]

 関西傾聴とは、2018年に50周年を迎える同社が立ち上げた「関西で傾聴」プロジェクトのこと。創業の地である関西の顧客の声に耳を傾け、困難な課題を共に解決するのが目的だ。関西からの来場者、関西出身の在京社員が、ツッコミがてらブースに足を止める。ふと目を上げると、お品書きを模した札に「COBOL」「担当者退職」「老朽化」の筆文字。レガシーマイグレーションに悩む企業の担当者の胸を打つキーワードが踊る。

お品書きを模した札にIT課題のキーワード
[画像のクリックで拡大表示]

 「東京の展示会に、新幹線や飛行機に乗って足を運んでくれる。それだけに、ITで抱える悩みは深いはず」。着物姿でこう話すのは、データプロセスの小西国造 営業企画部マネージャーだ。

来場者の悩みを傾聴し、タブレット端末でモデリング
[画像のクリックで拡大表示]

 雑談からITの話題に移れば、ブースにある大小のタブレット端末にペンを走らせ、来場者の悩みをモデリングしてみせる。今回の出展では、塩漬けシステムのオープン系やクラウドへのマイグレーションと、2020年1月に延長サポートが終了するWindows Server 2008の移行サービスをアピールしているという。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る