• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ITpro EXPO 2017

会 期2017年10月11日~10月13日会 場東京ビッグサイト
来場事前登録(終了しました)
セミナー登録(終了しました)
ITpro EXPO 2017速報

Excel方眼紙からアプリを自動生成、グレープシティが「Forguncy」を披露

清嶋 直樹=日経コンピュータ 2017/10/11 日経コンピュータ

 グレープシティは2017年10月11日から13日まで東京ビッグサイトで開催中の「ITpro EXPO 2017」で、企業のExcelデータ資産を基にアプリを開発できるツール「Forguncy(フォーガンシー)」のデモを披露している。

「営業日報」のExcel文書
[画像のクリックで拡大表示]

 Forguncyを使えば、既存のExcel文書を読み込ませるだけで、プログラミングをせずにWebアプリを自動生成できる。例えば、Excelで作成した「営業日報」のサンプルを複数読み込ませるだけで、Excelを使わずに業務日報を管理するWebアプリを生成する。既存のExcel文書に書き込まれた日付や店舗名などのデータや、「達成率」算出のための計算式なども引き継がれる。

Forguncyに読み込ませると、Excel文書内の項目や数式を自動検出する
[画像のクリックで拡大表示]

 Forguncyは、Excelを方眼紙のように使って業務文書を作成する手法である「Excel方眼紙」をもじった製品名だ。グレープシティは公開討論会を開くなどして、議論を喚起している。

 Excel方眼紙には賛否両論があるが、実際問題として、日本の企業・組織には大量のExcel文書が存在している。Forguncyは約150社で導入実績があるという。「基幹業務システムの周辺でシステム化されずに残っているExcel業務を効率化したいと考える企業からの引き合いが多い。新しく生成されるWebアプリはExcel時代の仕様を引き継いだものになるため、完全に新しいアプリを導入する場合より定着率が高まるようだ」(担当者)。

ノンプログラミングで自動作成されたWebアプリ
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る