• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ITpro EXPO 2017

会 期2017年10月11日~10月13日会 場東京ビッグサイト
来場事前登録(終了しました)
セミナー登録(終了しました)
ITpro EXPO 2017速報

レーザーセンサーとビーコンで入退室管理や作業分析、CTCSPが展示

竹居 智久=日経コンピュータ 2017/10/11 日経コンピュータ

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)の子会社、シーティーシー・エスピー(CTCSP)は、2017年10月11日に開幕した「ITpro EXPO 2017」でレーザーセンサーとビーコンを組み合わせて個人の動線を分析するシステムを展示した。レーザーセンサーで人の移動を検知する動線分析ソフト「Moptar」(開発はスプリームシステム)に、固有のIDを発信するバッジ型のビーコン端末(ACCESS製)を組み合わせて、人を特定できるようにした。

ブース上部に配置したレーザーセンサーとバッジ型のビーコン端末の組み合わせで個人の動線を把握できる様子を見せた
[画像のクリックで拡大表示]

 CTCSPはビーコン端末を勤怠管理に応用したシステムを開発した実績を持つ。数メートルから数十メートルの範囲に入ると信号を受信できるビーコンの仕組みを応用した。CTC製の勤怠管理ソフトに入力した情報と、個人に持たせたビーコン端末の信号をオフィスの受信機が検知していた時間を照合し、差異を把握できる仕組みを構築した。

 レーザーセンサーで動線を分析するmoptarでは、一度検出した人がどのような経路をどのように時間をかけながら動いたかが分かる。ただし、それが誰かを特定できないため、ビーコン端末と組み合わせることを考えたという。入退室管理に応用して許可されていない人物の入室を検出したり、工場で個人の動き方を分析したりする用途を想定する。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    日本人SEが外資系ITに大量流出、これでいいのか?

     日本ハムの二刀流こと、大谷翔平選手のメジャー移籍が話題になっている。23歳という年齢は早すぎる気もするが、メジャーを熱望しながらプロ野球界にとどまった経緯を考えれば、当然の流れといえそうだ。もはや「なぜお前もメジャーに行くのか?」と嘆くよりも、大舞台での雄姿を早く見たいのではないだろうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る