• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

今さら聞けない Windows版Linuxの疑問

高橋 秀和=ITpro 2017/10/10 ITpro

 10月17日に提供が始まるWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」で、Windowsストアから簡単にLinuxをインストールできる時代に突入する。かつての米マイクロソフトにとって不倶戴天の敵だったLinuxは、今やWindowsをより便利なOSにするための味方になる。

 なぜWindowsにLinux環境が必要なのか。何が便利なのか。実利用で直面する疑問を斬る。

目次

  • Windows版LinuxでUSBメモリーと共有フォルダーを使いこなす

     10月17日のWindows 10大型アップデートで、正式版になるLinux互換環境「Windows Subsystem for Linux(WSL)」。従来はできなかった、リムーバブルメディアや共有フォルダーへのアクセスが可能になる。(2017/10/13)

  • Windowsで動くLinux、プログラムの互換性は大丈夫か

     Windows 10でLinuxのプログラムが改変なしにそのまま動かせるLinux互換環境「Windows Subsystem for Linux(WSL)」。その互換性は、WSLがどこまでLinuxカーネルとして振る舞えるかにかかっている。(2017/10/12)

  • Windows版Linuxの導入でつまずかない方法

     10月17日に一般提供が始まる「Windows 10 Fall Creators Update」は、Linux互換環境「Windows Subsystem for Linux」を正式に搭載する。Windowsストアから簡単にLinux OSを導入できる機能だが、つまずきやすい落とし穴がある。(2017/10/11)

  • Windows 10でLinuxが動くようになる理由

     10月17日に配布が始まる「Windows 10 Fall Creators Update」で、WindowsでLinuxを直接動かす機能「Windows Subsystem for Linux」が正式デビューする。そもそもなぜ、米マイクロソフトがLinuxを標準で組み込む必要があったのか。(2017/10/10)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る