• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

「iPhone X」は買いか?

ホームボタンのないiPhone X、らしい使いやすさはそのまま

山口 健太=フリーランスジャーナリスト 2017/11/03 ITpro

 米アップルの「iPhone X(テン)」が2017年11月3日、いよいよ日本を含む世界各国で同時発売された。9月発売の「iPhone 8」から1カ月以上遅いタイミングとなったが、これまでのiPhoneの“常識”を覆すデザイン変更が、大きな注目を浴びている(写真1)。

写真1●「iPhone X」(シルバー色)
(撮影:山口 健太、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

サイズ感は4.7インチのiPhoneに近い

 まずiPhone Xの外観を見ていこう。画面が5.8インチになったと聞くと、かなり大型化したイメージを抱いてしまうが、実際のサイズは予想以上にコンパクトだ。5.5インチの画面を搭載したiPhone 8 Plusよりも一回り小さく、どちらかといえばiPhone 8に近い(写真2)。

写真2●左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus
[画像のクリックで拡大表示]

 厚さはiPhone 8よりもiPhone Xのほうが0.4mm厚く、26g重いことから、重量感がある(写真3)。サイズとしては、iPhone 8に純正ケースを装着すると、iPhone Xに近い(写真4)。iPhone Xにもケースを装着すると少し大きくなるものの、これまで4.7インチのiPhoneを使ってきた人の多くが許容範囲と感じるはずだ。

写真3●iPhone 8(左)よりiPhone X(右)のほうが厚く、重量感もある
[画像のクリックで拡大表示]
写真4●純正ケースを装着したiPhone 8(左)と未装着のiPhone X(右)
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone 8 Plusとの比較では、iPhone Xの5.8インチの画面はそれほど大きくは感じない(写真5)。これはiPhone Xの画面の縦横比が約2.2対1と、iPhone 8 Plusの16:9よりも縦長だからだろう。iPhone 8 Plusより大きな画面を期待するのではなく、横幅が78.1mmから70.9mmへとコンパクト化した点に注目すべきだ。

写真5●左からiPhone 8、iPhone X、iPhone 8 Plus
[画像のクリックで拡大表示]

 iPhone Xのシルバー色は、本体背面はホワイトに近く、本体周囲のステンレスがアクセントになっている(写真6)。一方、スペースグレイ色も側面はステンレスだが、物理蒸着を用いた黒っぽい色になっており、落ち着いた雰囲気だ。

写真6●側面のステンレスがシルバー色
[画像のクリックで拡大表示]

 本体周囲のインタフェースは、従来モデルから大きく変わっていない。本体右側には大きくなった電源ボタンとSIMカードスロット、左側面にはマナーモードのスイッチと音量調整ボタン、底面にはLightning端子がある(写真7、8)。iPhone 7や8と同様、イヤホンジャックは搭載しない。

写真7●iPhone Xの右側面と左側面
[画像のクリックで拡大表示]
写真8●下面にはLightningt端子があり、イヤホンジャックはない
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る