• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

どうしようもない塩漬けシステム

中野 恭秀=アクセンチュア 2017/10/23 ITpro

 多くの企業には、新システムに刷新したくてもできない「塩漬けシステム」がある。経営環境の急速な変化や、エンジニアの高齢化などを背景に、そうしたシステムの問題が顕在化している。なぜいまだに企業内に塩漬けシステムが残っているのか。多くの場合、属人化、独自業務、独自技術、抵抗勢力といった要因が挙げられる。本特集では、いわば「どうしようもない塩漬けシステム」の実態を明らかにすると同時に、どうすれば切り崩せるかを考える。

目次

  • 塩漬けシステム、「第2世代」が残っているうちに手を打つべし

     「俺はあと数年で定年だ。自分がいる間はメインフレームの業務は変えない」。30年にわたってメインフレーム移行の現場にいると、こんな年長者の本音がいたるところから聞かれる。(2017/10/27)

  • バブル期にSEを救ったITツール、塩漬けシステムの温床に

     「COBOL本数1万本、1000万ステップのバッチ処理をオープン環境へ移行したいのだが、実現できるか」。筆者の元には、メインフレーム上のアプリケーションを移行する相談がよく持ちかけられる。しかし、プログラムの本数はそれほど問題にならない。ネックになるのは独自技術で作られたアプリケーションだ。(2017/10/26)

  • うまくいかない業務の継承、塩漬けシステムの移行で現場は悲鳴

     メインフレームで実施していた業務の独自性が強く、移行プロジェクトが中止に――。約30年にわたってメインフレームのシステムをオープン系ハードウエアに移行する作業に携わってきた筆者は、こうした事例をよく見聞きしてきた。独自性の強い業務はメインフレームシステムが塩漬けになる理由の1つだ。(2017/10/25)

  • どうしようもない塩漬けシステムが生まれてしまう理由

     筆者は約30年にわたってメインフレームのシステムをオープン系ハードウエアに移行する作業に携わってきた。過去にはメーカー系のSIerなど複数のITベンダーを渡り歩いた。この間、どうしようもない「塩漬けシステム」を数多く見聞きしてきた。なぜそのようなシステムが出来てしまうのか。実例を基に分析する。(2017/10/23)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る