• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

日本とどこが違う?AgTech最前線

中田 敦=シリコンバレー支局 2017/08/29 ITpro

 テクノロジーで農業を変革する「AgTech(アグテック)」の本場と言えば、世界有数の農業国でもある米国だ。ベンチャーキャピタル(VC)から資金を調達したAgTechスタートアップが、AI(人工知能)やIoT(Internet of Things)、ロボット技術の農業での活用に挑む。日本で同種の取り組みは「アグリテック(AgriTech)」とも呼ばれているが、日本のアグリテックと米国のAgTechを比較すると、その様相がかなり異なる。米国のAgTechから日本は何を学びうるか。最新事情を追った。

目次

  • 大企業やVCが熱視線、AgTechスタートアップ30社

     米国のAgTechの主役は、やはりスタートアップだ。AgTechに特化したベンチャーキャピタル(VC)やアクセラレーターがスタートアップをサポートしている。農業分野の大企業もVCを通じて、AgTechスタートアップとの連携を図っている。(2017/9/1)

  • 軍用ドローンが農場で活躍

     日本で農業用ドローンというと「マルチローター機」の印象が強い。それに対して米国では、より飛行範囲が広い「固定翼機」にも期待が集まっている。しかも米国の農業ドローンには、日本ではありえない「意外な過去」がある。(2017/8/31)

  • 「これはレタスか雑草か?」、草むしりはロボットにお任せ

     米国のAgTechが日本と比べて進んでいるポイントの一つに、米国では「雑草などの駆除を自動化するロボット」が既に実現していることが挙げられる。先駆者がシリコンバレーに本拠を置くAgTechスタートアップ米Blue River Technologyだ。(2017/8/30)

  • 農業ITの主役は大麻!?

     「農場見学の行き先が、まさか大麻の『植物工場』だとは思わなかった…」。植物栽培用の特殊フイルムを開発する日本企業、メビオールの吉岡浩副社長は、米カリフォルニア州サリナス市で開催された「AgTech Summit」の会場で驚きの体験を語った。(2017/8/29)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る