• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

夏休みスペシャル 2017

エンジニアが知っておきたい夏バテ撃退法

池上 俊也=ITpro 2017/08/10 ITpro

 今年も暑い日が続いている。「夏バテ気味だ」と感じる読者は多いかもしれない。なかには猛暑で体力を奪われ、食欲が落ちている人もいるだろう。そこでこの夏休みスペシャルでは、IT企業でエンジニア向けの保健指導を務める金橋治美氏(保健師)に、夏バテを解消する夏休みの過ごし方を聞いた。

今年も暑い日が続いている
[画像のクリックで拡大表示]

脂の少ない肉や植物性タンパク質でスタミナを付ける

 金橋氏によると、健康な人なら「香辛料」を摂れば、食欲をアップできるという。だが「夏バテ気味で食欲不振になると、逆に香辛料で胃腸の働きを抑えてしまう」と金橋氏は指摘する。冷たいものも同様だ。夏バテ気味と思ったら、香辛料を控えた温かいもの、消化のよいものがベストのようだ。

 夏場の食欲不振を解消するには、胃腸を整えるのが鉄則である。そのうえで、スタミナを付けるタンパク質の摂取を心掛けたいと金橋氏は話す。「胃腸が弱っているときは魚をはじめ、豚のヒレや鳥のササミといった、脂の少ない肉や魚を使った料理を摂るようにしたい」(金橋氏)。

 その点、植物性のタンパク質は有効だという。「納豆や豆腐は食欲不振に効果的。ネバネバ系の野菜には、胃腸の働きを助けるムチンが含まれている。オクラやツルムラサキ、モロヘイヤを使った付け合わせも夏バテに効果が大きい」(金橋氏)。

 最近、胃腸を整える方法として断食が注目されている。だが、金橋氏によると断食は、もともと体力のある人を対象にしており、夏バテ気味の場合は向かず、むしろ危険だ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 暑い屋外で汗をかかない人は要注意
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【情総研レポート】

    IT業界が期待する新たな営業手法、インサイドセールス

     勤務先に名前も聞いたことのない会社から電話が入る。出てみるとマンションなどの不動産投資の勧誘だった──。 電話で営業というと、あまり良いイメージがないのは筆者だけではないだろう。だが、こうした手法が姿を変え、今や米国で営業の代表的手段となった。それが「インサイドセールス」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る