• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ゲームでITを学ぼう

RPAを学べる?作業を自動化する工場ゲーム「Factorio」

高橋 秀和=ITpro 2017/08/08 ITpro
リアルタイムシミュレーションゲーム「Factorio」。資源がロケットになるまでの工程を自動化する。
[画像のクリックで拡大表示]

 定型的な作業を繰り返したら、自動化する――。そんなITの鉄則が自然と身に付くゲームが「Factorio」だ。最終目的はロケットの製造。資源を採掘して加工し、ロケットを製造できる部品を量産する。自動化せずに達成するのはほぼ不可能だ。

5秒で分かる「Factorio」
製品名Factorio
ジャンルリアルタイムシミュレーション
概要ある惑星に墜落した主人公をプレイヤーが操り、脱出用のロケットを製造するのが目的。資源採掘から工場での生産、さらには敵性生物の退治までと、物流と兵站を整備するのが鉄則の自動化至上ゲーム。
学べるポイント定型作業を自動化する利点の体得
自動化する作業同士の依存関係を意識する重要性を把握
目的によっては手動が速い場面もあることを理解
日本語対応
価格20ドル(Steamでは税込み2300円)

 プレイヤーは墜落した宇宙船の乗組員という設定で、荒涼とした土地に放り出されるところから始まる。救いは資源だけは豊富なこと。木材や石、鉄、銅、水といったさまざまな種類の資源が埋まっている。

最初は資源だけ。プレイヤーを操り、右クリックで採掘する。斧を作ることで高速化できるが、ロケットは遠い。
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る