• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

EPYCでインテルに挑むAMD

大原 雄介=テクニカルライター 2017/07/26 ITpro

 x86サーバー市場が盛り上がっている。きっかけはAMDのサーバー向け新CPU「EPYC」だ。成功しなかった前世代から設計を一新、AMDは性能を大幅に向上させただけでなく、価格性能比もインテル製CPUより優れているとする。注目のEPYCについて、その成り立ちや詳細、サーバー市場への影響を解説する。

目次

  • 攻めたいAMD、サーバーベンダーはEPYCをどう見ているのか

     前回の記事で解説した通り、米AMDのEPYCは技術的にはかなりサーバー市場で競争力のある構成になっている。ただ、サーバー市場はある意味非常に保守的でもある。AMDのプラットフォームはどこまで食い込めるのか。(2017/7/28)

  • AMDのEPYC、サーバー向けとしてどこが「すごい」のか

     前回はEPYCの位置付けをご紹介した。今回は、そのEPYCはどれほどの競争力を持ちえる構造なのかを解説する。2017年3月に発表したRyzenと今回のEPYC、8月に発売される16コア/32スレッドの「ThreadRipper」と、AMDは3つのZenコアベースのCPUを投入する。これらが搭載して…(2017/7/27)

  • EPYCはどこに勝算があるのか、AMDのサーバー戦略を振り返る

     米AMDはサーバー向け新型CPU「EPYC」を2017年6月20日に発表、同日より出荷を開始している。EPYCは、性能重視のサーバー向けとして演算コアの設計を一新した、AMDとしては久々に力の入ったCPUだ。AMDが、なぜ改めてサーバー市場に新製品を出したのか、これまでの経緯を含めて解説する。(2017/7/26)

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る