• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

会議に役立つ!PC活用のワザ

どんな会議でも手軽にプレゼン、モバイルプロジェクター選び

田代 祥吾=フリーランスライター 2017/08/04 ITpro

 会議のために凝ったプレゼンテーションを用意しても、画面が見にくければ相手に伝わらない。ノートPCの画面の大きさでは、大人数どころか2~3人を相手にした会議でのプレゼンテーションでも厳しいだろう。

 そこで便利なのがプロジェクターだ。無地の大きな壁があればどこでも投影できる。ちょっとした打ち合わせスペースなどで使えることもある。最近は持ち運びに優れたモバイルタイプの製品も増えてきた。そこで今回は、こうしたモバイルプロジェクターの選び方と使い方の基本を紹介しよう。

「ZenBeam E1」(ASUS、税別の実勢価格は約3万4000円)は、手のひらサイズのプロジェクター。バッテリーを搭載しており、電源がない場所でも利用できる
(撮影:スタジオキャスパー、以下同じ)
[画像のクリックで拡大表示]

大きさだけでなくスペックを細かくチェック

 プロジェクターを選ぶときは、もちろんサイズや重量も大事だが、投影方式や最大輝度、コントラスト比、映像入力端子、出力解像度なども忘れずにチェックしよう。

 現在売られているプロジェクターの投影方式は、主に液晶方式、DLP(Digital Light Processing)方式、LCOS(Liquid Crystal On Silicon)方式の3種類があり、それぞれ構造が異なる。一般論として、「液晶方式は明るくきれいな画面を表示しやすい」「DLP方式は小型軽量の製品を作りやすい」「LCOS方式は画面をなめらかに表示しやすい」と覚えておくとよいだろう。

「EB-1795F」(エプソン、税別の実勢価格は約19万1000円)は、液晶方式を採用する。ほかの投影方式よりも明るさや色域が3倍広いことをうたっている
[画像のクリックで拡大表示]
ZenBeam E1はDLP方式を採用する。本体はかなり小型・軽量だ
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ プロジェクターの最大輝度はルーメン(lm)という...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る