• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

宅配ピンチ

高槻 芳=日経コンピュータ 2017/07/25 日経コンピュータ

 年間38億個もの荷物が飛び交い、ギリギリの状態を保っている日本の物流網。ピンチからの脱出を模索し、当日配送の廃止や時間帯指定の縮小などサービスの見直し気運が高まる。私たちは便利なサービスをすべて諦めるしかないのか。否、解決のカギはITが握っている。

目次

  • ドローン宅配には高いハードル

     荷物の急増や人手不足で日本の物流業界から悲鳴が上がる中、官民が中長期的な対策として力を入れているのがドローン(小型無人機)を使った宅配サービスだ。(2017/7/28)

  • シェアリングエコノミーが突破口に

     人や自動車などの空き時間を共有するシェアリングエコノミーの波が物流業界にも及びつつある。PCやスマートフォンで受けたスポット配送の依頼を、中小の運送会社と直接マッチングさせるサービスが相次ぎ登場。長年続く多重下請け構造を揺さぶり、人手不足の突破口を開く。(2017/7/27)

  • 宅配ボックスが歩いてくる

     ITを活用した常識破りの宅配方式で過剰サービス問題に挑む企業はほかにもある。2017年5月設立のMagicalMove。ソフトバンクグループで新規事業を手掛けるSBイノベンチャーが設立した。(2017/7/26)

  • 最大手ヤマトの挑戦

     配達現場の負荷をできるだけ減らしながら、消費者に荷物を届ける最終段階のサービスレベルをどこまで維持できるか。最大手ヤマト運輸は「神様」に相応の負担を促し、ベンチャー企業は深夜・早朝限定の配送サービスに挑む。(2017/7/25)

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る