• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Office 365使いこなし術

スケジュール調整にOffice 365を駆使するアスクル、OneDriveは使わず

岡田 薫=日経コンピュータ 2017/08/09 日経コンピュータ

 EC(電子商取引)サイト大手のアスクルは約1800人が利用するコミュニケーションツールとしてOffice 365を使っている。Office 365を最も評価している点は、メールや予定表などの機能を一つのサービスとして使えることだ。

 従来は国内のITベンダーが提供するサービスを個別に使っていた。一つのサービスに統合することで運用管理の手間とコストを削減できた。

 サービスをOffice 365に移行した当初は使い方に慣れない利用者もいたが、導入から約4年が経過した現在は「使い方が分からない、というような質問はほとんどんない」とe-プラットフォーム本部インフォメーションテクノロジーの原田浩幸氏は話す。

 いつでもどこからでもデータを見られるメリットもある。従業員はスマートフォンやPCなど複数の端末からOffice 365にアクセスできる。従来使っていたメールサービスではPOPでクライアント端末とメールサーバーを同期させる必要があり、常にデータが同期されているわけではなかった。

アスクルのOffice 365の導入時期と用途
導入時期2013年4月ごろから導入
利用しているサービスと用途・Exchange Online:メール、スケジュール
・Office ProPlus:オフィスソフト
利用人数約1800人

“仮押さえ”で予定の調整が楽に

 アスクルは、メールと予定表の用途でExchange Onlineを、オフィス向けソフトとしてOffice ProPlusを使っている。

 Exchange Onlineでは、メールと予定表の機能が同じアドレス帳を参照しており、「従業員同士のスケジュール調整が従来より楽になった」(原田氏)という。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 予定表の機能は複数の従業員の予定を“横串”に見る...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはいつ始まる?

     日本で5Gの商用サービスは3年後の2020年に始まる。NTTドコモとKDDIが2020年中の開始を表明しているほか、ソフトバンクも「2020年ごろを目指す」としている。携帯大手3社や総務省などの関係者は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを5Gの実力と活用方法を広くアピールする絶好の…

  • 【戸田覚のIT辛口研究所】

    最新のFire HD 10はありえないほどのコスパだ

     ずいぶん以前からKindleを取り上げてレビューしてきた。だが、いわゆるタブレットとして使えるFireシリーズについての評価は、60~70点がいいところだった。格安ではあるものの、独自のストアにあるアプリしか使えないのがウイークポイントだった。今回レビューする最新モデル「Fire HD 10」も同…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る