• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

エンジニア転職意識調査

転職すれば幸せになると思いますか?

八木 玲子=ITpro 2017/08/07 ITpro

 「転職すれば、『今よりもやりがい・幸せを感じられる』と思いますか」。日経BP社の技術系媒体が実施した「エンジニア転職意識調査」では、技術者にこんな問いを投げかけた。

 結果は、「はい」が58.6%と「いいえ」をやや上回った(図1)。転職すればやりがいや幸せを感じられるはずだ、そんな職場を選びたいとの思いの表れだろう。一方で「いいえ」を選択した人も41.4%に上り、悲観的な見方をする人も少なくない。

図1●「転職すれば今よりもやりがい・幸せを感じられると思うか」との問いに対する回答
[画像のクリックで拡大表示]

 さらに詳しく分析してみた。職種別の集計では傾向に違いがなかったが、年齢別では目立った差が出た(図2)。「やりがい・幸せを感じられるか」に対して「いいえ」と答えた人の割合は40代が最も多く、47.7%。60代以上より20ポイント近く、30代より10ポイント以上多かった。

図2●図1の結果を年代別に分析したもの
[画像のクリックで拡大表示]

 40代に次いで「いいえ」が多いのは50代で、43.7%。管理職やベテランとして現場を率いる年代が、他の年代に比べて、転職によるやりがいや幸せの向上に期待を持てずにいることが分かる。

 50代のエンジニアからはこんな声が寄せられた。「前職は過酷な労働条件だったが任される範囲は広く、やりがい(刺激)があった。転職によって年収が100万以上増加し、休日増や労働時間減など労働条件も改善したが、やりがいは無く古い体質の中で働いている。割り切りが必要」(IT:システム・ソフトウエア開発、50代)。転職によって全ての状況が改善されるわけではなく、何かを優先すれば何かは妥協しなくてはならない。労働経験や転職経験を重ねる中で、そうした諦めの境地に達しているのかもしれない。

調査概要
アンケート調査をWeb上で実施。日経BP社のIT系、電子・機械系、建築・土木系のWebメディアを中心に告知した。調査実施期間は2017年7月3日~7月12日。回答者数は672人で、職種の内訳はIT系407人、電子・機械系122人、建築・土木系90人、その他53人。回答者の年齢は、20代以下72人、30代227人、40代214人、50代135人、60代以上24人。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る