• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

エンジニア転職意識調査

転職は優秀な人がする?

八木 玲子=ITpro 2017/08/01 ITpro

 転職は、優秀な人がするものか。この問いに対するエンジニアの意見は、真っ二つに分かれた。日経BP社の技術系媒体が実施した「エンジニア転職意識調査」の結果である。

 調査では、「転職は『優秀な人材がすることだ』と思いますか」と尋ね、「はい」か「いいえ」のどちらか近い方を選んでもらった。結果は「はい」が51.3%、「いいえ」が48.7%と拮抗した(図1)。

図1●「転職は優秀な人材がすることだと思うか」という問いに対する回答
[画像のクリックで拡大表示]

 自由意見にも両方の声が寄せられた。「優秀な人ほど、転職はできる。できない人は他社で通用しないということ」(IT:情報セキュリティエンジニア、40代)との意見もあれば、「まだまだ転職がネガティブにとらえられる風潮がある」(IT:システム・ソフトウエア開発、20代)との声もある。転職に対する社内の空気や、身近で見聞きした転職経験者の姿などによって、見方が変わるのだろう。

 回答を詳しく分析してみたところ、職種別には大きな違いがなかった。年代別に集計してみると、20代と60代で全体と異なる傾向が見られた(図2)。60代は「はい」と答えた人が約6割なのに対し、20代は約6割が「いいえ」と回答している。

図2●図1を年代別に分析した結果
[画像のクリックで拡大表示]

 60代にとっての転職は、積み重ねたキャリアを生かして新たな活躍の場を見つけるという意味合いが大きいだろう。逆にまだキャリアが浅い20代での転職では、現在の職場が自分に合わず新天地を求めるといったケースも多そうだ。この違いが、調査結果にも表れていると考えられる。

調査概要
アンケート調査をWeb上で実施。日経BP社のIT系、電子・機械系、建築・土木系のWebメディアを中心に告知した。調査実施期間は2017年7月3日~7月12日。回答者数は672人で、職種の内訳はIT系407人、電子・機械系122人、建築・土木系90人、その他53人。回答者の年齢は、20代以下72人、30代227人、40代214人、50代135人、60代以上24人。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る