• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

エンジニア転職意識調査

地位が低いと感じている?ITエンジニアの転職観

八木 玲子=ITpro 2017/07/24 ITpro

 日経BP社が実施した「エンジニア転職意識調査」の結果を分析すると、IT/電子・機械/建築・土木の職種によって、転職時に重視するものが異なることが分かる。IT系エンジニアは、他の職種よりも「社内でのエンジニアの地位」を気にしている人が多い。

 「転職する場合に重視するもの」として優先度が高い項目5つを尋ねた設問で、「社内でのエンジニアの地位」を挙げたITエンジニアは25.3%と、4人に1人に上る。これは電子・機械系と比べて10ポイント、建築・土木系と比べると17ポイント程度高い(図1)。

図1●「社内でのエンジニアの地位」を重視する人の割合
[画像のクリックで拡大表示]

 IT分野のエンジニアは、社内での地位の低さに悩んでいる人が多いことの裏返しだろう。逆に、この項目を選んだ人が7.8%と1割を切る建築・土木系は、社内でも恵まれた立場にいるといえそうだ。同じエンジニアでも、職種によって社内での権限や発言力に違いがあることがうかがえる。

 このほかIT系では、「在宅勤務制度の有無」が6.4%、「社外活動(学会やコミュニティ、イベントへの参加)への理解」が4.7%と、他の職種を3~5ポイント程度上回った。PCやネットワークなどの環境さえ整っていれば遠隔地でも仕事がしやすい、クラウド分野など技術者コミュニティの活動が盛ん、といった背景があると考えられる。「IT予算(IT化に積極的かどうか)」(5.6%)も、どの職種よりも多かった。

調査概要
アンケート調査をWeb上で実施。日経BP社のIT系、電子・機械系、建築・土木系のWebメディアを中心に告知した。調査実施期間は2017年7月3日~7月12日。回答者数は672人で、職種の内訳はIT系407人、電子・機械系122人、建築・土木系90人、その他53人。回答者の年齢は、20代以下72人、30代227人、40代214人、50代135人、60代以上24人。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る