• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

エンジニア転職意識調査

「資格を生かせる」を重視、建築・土木エンジニアの転職

八木 玲子=ITpro 2017/07/20 ITpro

 同じエンジニアでも、職種によって転職時に重視するものは異なる。日経BP社が実施した「エンジニア転職意識調査」の回答を、IT/電子・機械/建築・土木の職種別に分析した結果、それが明らかになった。

 「転職する場合に重視するもの」として優先度が高い項目5つを尋ねた設問で、職種別に最も大きな差がついたのが「保有資格を生かせる」だ(図1)。これを選択した人が多かったのが、建築・土木系エンジニア。22.2%と、5人に1人が重視すると答えた。IT系の3.7%、電子・機械系の1.6%を20ポイント近く上回る。建築・土木系の分野でエンジニアとして活躍するために、資格が大きな要素であることが分かる。

図1●「保有資格を生かせる」ことを重視する人の割合
[画像のクリックで拡大表示]

 「前職の経験を生かせる」を選んだ人の割合も、28.9%と他の職種よりも多い。飛び抜けて多いわけではないが、IT系や電子・機械系より2~8ポイントほど高かった。資格同様、これまでの経験や蓄積したスキルが転職時に物を言うということだろう。

 このほか建築・土木系エンジニアに目立ったのは、「労働時間」を重視すると回答した人が多かったこと。他の職種を10ポイント以上上回った。ITが39.12%、電子・機械が32%なのに対して、建築・土木は52.2%。2人に1人の割合だ。2020年の東京オリンピック・パラリンピックなどに向けた建設需要が増す中で、建築・土木系エンジニアの多忙さが増していることの表れだろうか。

調査概要
アンケート調査をWeb上で実施。日経BP社のIT系、電子・機械系、建築・土木系のWebメディアを中心に告知した。調査実施期間は2017年7月3日~7月12日。回答者数は672人で、職種の内訳はIT系407人、電子・機械系122人、建築・土木系90人、その他53人。回答者の年齢は、20代以下72人、30代227人、40代214人、50代135人、60代以上24人。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    日本人SEが外資系ITに大量流出、これでいいのか?

     日本ハムの二刀流こと、大谷翔平選手のメジャー移籍が話題になっている。23歳という年齢は早すぎる気もするが、メジャーを熱望しながらプロ野球界にとどまった経緯を考えれば、当然の流れといえそうだ。もはや「なぜお前もメジャーに行くのか?」と嘆くよりも、大舞台での雄姿を早く見たいのではないだろうか。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る