• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

エンジニア転職意識調査

転職するなら「会社の将来性」、30代技術者の事情

八木 玲子=ITpro 2017/07/26 ITpro

 エンジニアとして、現場で中心的な役割を果たす30代。この世代は、何を重視して転職するのだろうか。日経BP社の技術系媒体が実施した「エンジニア転職意識調査」の結果からは、この年代ならではの思いや事情が読み取れる。

 「転職する場合に重視する点」として優先度の高いもの5つを尋ねた設問で、選択肢として用意した24項目を年代別に分析してみた。全年代の中で、30代の割合が最も高かった項目が「会社の将来性」だ(図1)。33.5%と、年代別で唯一3割を超えた。

図1●「会社の将来性」を重視する人の割合
[画像のクリックで拡大表示]

 30代は仕事だけでなく、プライベートでも責任が重くなる時期だ。結婚や子どもの誕生、マイホームの購入などの重大イベントを30代で迎える人は多い。両親の老いに直面し始める人もいる。家族のことを考えると、会社の将来性は転職時の重要な判断材料になるということだろう。

 自由意見でも、30代エンジニアからは家族への言及が目立った。「家を買い、家族(年とった親含む)がいると、転職したいが、難しいと考えている」(自動車:設計・企画、30代)との声が代表的だ。

 転職と家庭との両立が課題になるケースもあるようだ。「男だが、共働きで子育てをしている。妻の会社が柔軟な勤務形態ではないため、試用期間をどう乗り切るかが課題」(IT:システム・ソフトウエア開発、30代)。

 家族との時間を大事にするために転職を決めた30代エンジニアもいる。「8月転職予定。家族との時間を多く取るため、転勤の少ない地方の企業に決めた。通勤時間は往復3時間から20分程度に。年収は700万円から650万円にダウンしたが、それ以上に得るものがあると考えた」(IT:ネットワークエンジニア、30代)。

調査概要
アンケート調査をWeb上で実施。日経BP社のIT系、電子・機械系、建築・土木系のWebメディアを中心に告知した。調査実施期間は2017年7月3日~7月12日。回答者数は672人で、職種の内訳はIT系407人、電子・機械系122人、建築・土木系90人、その他53人。回答者の年齢は、20代以下72人、30代227人、40代214人、50代135人、60代以上24人。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る