• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

すごいレジ

カレーパンやメロンパン、瞬時に見分けるAIレジ

ピーターパンJr.ペリエ千葉エキナカ店

山崎 洋一=ITpro 2017/07/13 ITpro

 千葉県内でベーカリーを展開しているピーターパンが2016年11月にオープンした「ピーターパンJr.ペリエ千葉エキナカ店」は、JR千葉駅改札内の商業施設(ペリエ千葉エキナカ)にある。1日の来店客数は2000人超、多いときは2200人に達し、平日は平均7200個、休日は平均6500個のパンが売れる。

 人気はメロンパン、塩バターロール、カレーパン。6月の平日朝に訪問してみると、「只今カレーパン揚げたてです!いかがでしょうか」という元気な掛け声が店内に響き、焼きたてのパンが次々と売れていく。利用者の多いベーカリーらしい光景だ。ところがその中に、ベーカリーでは耳慣れない声が混ざっている。「自動精算なので、細かいお金はオレンジのところにお願いしまーす」。

ピーターパンJr.ペリエ千葉エキナカ店の店内
[画像のクリックで拡大表示]
人気のメロンパン
[画像のクリックで拡大表示]

 レジに目をやると、普通のレジとは見た目が違う。どことなくオーバーヘッド型スキャナーのようないでたちだ。「BakeryScan」というベーカリー専用のレジである。自動精算もユニークだが、最大の特徴はパンの種類と個数を自動認識することだ。BakeryScanは、ブレインというメーカーが開発し、2013年に発売した。累計販売台数は、2017年6月時点で約300台という。

 下の写真は、ピーターパンJr.ペリエ千葉エキナカ店にあるBakeryScanだ。ポールの先端についているのはカメラ。パンを載せたトレイを白い台のところに置くと、それを撮影し、画像認識とAI(人工知能)を用いた学習によりパンの種類と数、支払い金額を自動的に割り出している。レジの下の方にあるのは自動精算機で、BakeryScanの最近のモデルが搭載している。

レジとして2台のBakeryScanが導入されている
[画像のクリックで拡大表示]
パンを載せたトレイを置き撮影し、画像認識でパンの種類や数を識別する
[画像のクリックで拡大表示]
レジ画面の例。商品名と金額が付いたパンの写真が表示される
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 一筋縄ではいかない「パンを見分ける」
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ITpro Report】

    トヨタとチームラボが作った「Mobilmo」で思わず童心に返る

     トヨタとチームラボが共同で開発した知育アプリケーション「Mobilmo(モビルモ)」が2017年7月14日に配信を始めた。回転する車輪やロケット風のエンジンなどを組み合わせて、自分で操作するロボットを作成。舞台となる惑星を探検したり、他のユーザーにアピールしたりする。実際に遊んでみると、その奥深さ…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る